一日の終わりに!毎日できる簡単なメガネのお手入れ法を紹介!

すぐにできるメガネの汚れを落とす基本的なクリーニングとは?

裸眼では物が見えずらいという人にとってメガネは欠かせない存在ですよね。だからこそ綺麗なままで使いたいものですが、日々使用しているとレンズやフレームは汚れてしまいます。そのままにしておくと視界不良などを起こして使い物にならなくなるかもしれません。それを防ぐためにも、寝る前などにその日の汚れを落としてしまいましょう。まず、メガネに付着しているゴミを流水で優しく落としましょう。レンズやフレームに取れにくい汚れがある場合は流水で洗い流す前に、数滴の中性洗剤を混ぜ、泡立たせた水でメガネ全体をすすぎます。それから、汚れが付着しているところを指の腹で軽い力で洗い、泡を水で洗い流しましょう。洗浄終了後はティッシュなどのような柔らかめのもので、擦らずに押し当てるようにして水分を取ります。最後にメガネ拭きで優しく拭けば、毎日の基本的なクリーニングは終了です。

メガネのお手入れに欠かせない存在!メガネ拭きの洗濯方法

メガネを長く使用する上でお手入れは必要なことですが、その際に使用するメガネ拭きが汚れていてはメガネクリーニングを上手く行えません。汚れの落ちていないメガネ拭きでは、布地に付着しているゴミによってレンズなどを傷つけてしまいます。メガネ拭きを洗濯するには、洗濯ネットに入れて液体のおしゃれ着用洗剤を使い洗濯機で洗うか、台所用中性洗剤を1、2滴落としたぬるま湯で優しく手もみ洗いをします。手で洗う場合、頑固な汚れはつけ置きしましょう。手もみの後は5、6回すすいでタオルなどにメガネ拭きを挟んで水気を取ります。乾燥機に入れたり、手で強く絞ったりするとメガネ拭きの繊維を傷つける恐れがあるため、優しく水分を切ることが大切です。洗濯後は直射日光の当たらない風通しの良い室内で、ハンガーにかけて乾かしましょう。このようにメガネ拭きを定期的に洗うことは、日々のメガネのお手入れをきちんと行うことに繋がりますよ。