拭き方にもコツがある!メガネのレンズを綺麗にしよう!

メガネを拭くときは乾拭きをしない

メガネを専用のクロスやティッシュなんかで、特に気にすることもなく拭いている方も多いかもしれません。そんな方は、今すぐメガネの乾拭きはやめましょう。メガネのレンズは反射の防止や汚れや傷がつくのを防ぐために、コーティング処理されています。それなのに、レンズにホコリやチリがついてる状態で乾拭きしてしまうとこのコーティングを傷つけてしまいます。レンズのコーティングに傷がつくと視界も悪くなってしまうでしょう。乾拭きしないならどうすればよいのかというと、水洗いをしてホコリやチリを落としてからレンズを拭くようにしてください。水を使っても大丈夫なのと考える方もいるかもしれませんが、メガネメーカーも水洗いを推奨しています。

メガネの洗い方と注意点

水洗いをしてから拭くと、傷つける物体を取り除いているのでメガネのレンズを傷つけることはありません。ただし、メガネを洗うときはお湯は使わないようにしてください。お湯はレンズのコーティングにひび割れを引き起こすことがあります。それに、洗ったあとはよく水分を拭き取っておきましょう。汚れがひどい場合は洗剤を使うといいでしょう。中性洗剤を使うとコーティングを傷めることもありませんし、皮脂汚れもしっかりと落とせます。レンズに1,2滴つけて、レンズを傷つけないように指の腹で軽くこするように洗ってください。メガネ用の洗剤も市販されているので、こちらを使ってもいいでしょう。ただし、アルカリ性・酸性の洗剤や石鹸を使うとコーティングを傷めてしまうので注意が必要です。